ベストグループ ✖ 個別療育!

*新着情報・お知らせ*

【2017/05/15】児童福祉

ベストグループ ✖ 個別療育!

ベストグループの障がい児通所支援サービスでは、「特別支援教育士(S.E.N.S)」の専門資格を持ったスタッフが、児童の特性に合わせた個別療育を実施しています。

個別療育の対象者は主に就学中の児童(小学生~中学生)で、毎月1回60分~90分間、「障がい児通所支援 田川エリア」内にある「個別支援室」と呼ばれる専用の個室で、先生と児童が一対一で向かい合って実施します。プログラム内容は、比較的簡単なドリル形式の問題から、空間パズル・カードゲームといった複雑なものまで数十種類に及び、特別支援教育士の先生が児童の特性や習熟度に合わせたプログラムを選定していきます。集団療育の中に個別療育を取り入れることで、一人ひとりの特性や発達段階に合わせた指導が可能となり、療育の大きな効果が期待出来ます。

今回は、小学5年生(10歳)の児童に実施した個別療育の様子をご紹介いたします。療育中は保護者の方の同席(後方での見守り)も可能です。ベストグループでは、飯塚市、嘉麻市、田川市、宮若市の4市で障がい児通所支援サービスを提供しています。施設見学も随時受け付けていますので、個別療育を含む障がい児通所支援サービスにご興味がある方は、いつでもお気軽に各事業所までご連絡ください。


▼ベストグループの障がい児通所支援サービス事業所
障がい児通所支援 飯塚エリア
障がい児通所支援 嘉麻エリア
障がい児通所支援 田川エリア
障がい児通所支援 宮若エリア


【写真左】個別支援室の外観(障がい児通所支援 田川エリア内)
【写真中】個別支援室入口
【写真右】個別支援室内観


【写真左】「特別支援教育士・自閉症スペクトラム支援士」の大竹先生
【写真中】ドリルを使ったプログラム
【写真右】空間パズルを使ったプログラム


【写真左】個別療育の様子①/プログラムの説明
【写真中】個別療育の様子②/ドリルを使ったプログラム
【写真右】個別療育の様子③/空間パズルを使ったプログラム


©2019 BESTGROUP.